水道工事に必要な資格にはどんなものがある?

新しく家を建てる時やリフォームをする時、また水漏れや排水管のつまりなどで修理を行う時に水道の業者にお願いすることがあるでしょう。私たちの生活に水は欠かせません。水道工事なんてそんなに難しくないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、知識と技術がない業者に頼むとトラブルを起こしてしまうことがあります。

■水道を使うのに必要なことは?

個人の住宅やビルなどの建物の蛇口から水が出たりトイレが使えるのは排水管が通っているからです。新しい建物を建て、そこに水道を通すには給水管引込工事を行うことになります。この工事は水道局が管理している水道管からそれぞれの敷地まで給水管を伸ばし、水を送れるようにするというものです。給水管を敷地まで伸ばしたら、次は建物内で水が使えるようにする必要があります。そのため給水管と排水管を設置する工事が行われます。また、使用した水は下水として適切に流れることが前提です。こうした設備が整っているからこそ、私たちはきれいな水を使うことができます。

■必要な資格にはどんなものがある?

水道には上水と下水があります。水を給水するために必要な資格というのが「給水装置工事主任技術者」です。工事自体はこの資格を持っていなくても可能ですが、監督者はこの資格を必ず取得しておく必要があります。また、「下水道排水設備工事責任技術者」は各地方自治体の条例によって登録された指定工事店に任命されるのに必要な資格です。


■まとめ
水道工事を行う際には資格を持った責任者が監督者として必要であり、資格があれば指定工事店として認定してもらうことができます。普段聞きなれない資格だという人も多いでしょうが、知識として得ておくと業者を選ぶ際に役立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ